トップページ >> こんなときは必ず届け出てください

こんなときは必ず届け出てください

こんなとき 届け出に必要なもの
(H28年1月~(※1))
熊本県内で住所が変わったとき ○保険証
○印かん
熊本県外に転出するとき ○保険証
○印かん
熊本県外から転入したとき ○負担区分証明書、障害認定証明書等
○印かん
一定の障がいのある方が65歳になったとき。又は、65歳をすぎて一定の障がいのある状態になったとき ○保険証
○障害年金証書、身体障害者手帳、医師の診断書のうちいずれかの書類
○印かん
生活保護を受け始めたとき ○保険証
○印かん
亡くなられたとき ○亡くなられた方の保険証
○葬儀を行った方の印かん(認めで可)

○葬儀を行った方の振込口座がわかるもの

○葬祭を行った方がわかる書類(会葬礼状、葬儀の領収証等)

(※1)

平成28年1月から、後期高齢者医療制度の各種申請書や届出書にマイナンバーの記入が必要となりますので、上記の各種届出をされる場合も、申請書等にマイナンバーを記入いただく必要があります。

マイナンバーの記入が必要な申請や届出時には本人確認(マイナンバー確認と身元確認)が必要となります。

「個人番号カード」をお持ちの方は、マイナンバーが確認できる顔写真付の証明書となりますので、「個人番号カード」のみで本人確認を行えます。

それ以外の方は、『通知カードなどのマイナンバーが確認できる書類』と『運転免許証などの身元確認書類』をお持ちください。

詳しくは市(区)町村の窓口にお問い合わせ下さい。

後期高齢者医療制度は、広域連合が運営しますが、申請や届け出の受け付けなどの窓口業務は、市(区)町村が行います。


このページのトップへ戻る