トップページ >> 対象となる方

対象となる方

次のような時は、後期高齢者医療制度の被保険者になります。

  • 75歳になったとき(誕生日から)
  • 75歳以上の方が、熊本県内に転入してきたとき(転入日から)
  • 65歳以上75歳未満の方が一定の障がいがあると広域連合の認定を受けたとき(認定を受けた日から)

※一定の障がいとは・・・

  1. 身体障害者手帳1級・2級・3級をお持ちの方
  2. 身体障害者手帳4級をお持ちの方で、次のいずれかに該当される方
    • 音声機能、言語機能の著しい障害
    • 両下肢のすべての指を欠くもの
    • 1下肢を下腿の2分の1以上で欠くもの
    • 1下肢の機能の著しい障害
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級・2級をお持ちの方
  4. 療育手帳A1・A2をお持ちの方
  5. 障害基礎年金1級・2級の年金証書をお持ちの方 他

65歳以上75歳未満の方が広域連合の障がい認定を受ける際の手続きについて

申請受付は市(区)町村で行いますので、担当窓口に次のものをご持参のうえ、手続きをされてください。なお、それまでに加入されていた保険は、脱退の手続きが必要です。

印鑑・障害の程度が確認できる書類(障害者手帳など)・本人確認証明(運転免許証など本人と確認できるもの)

なお、代理申請をされる場合は代理の方の印鑑、本人確認証明も必要となります。


※障がい認定はご本人の申請により、将来に向かって撤回することができます。この場合、国民健康保険、健康保険組合等に加入することになります。

このページのトップへ戻る