トップページ >> 令和2年7月豪雨について >> 保険医療機関等の皆様へ(令和2年7月29日)

保険医療機関等の皆様へ(令和2年7月29日)

被災地域にお住まいで、令和2年度からの保険証をお持ちでない方(住家の被災がなかった方)の被保険者証等の取扱いについて

令和2年度後期高齢者医療被保険者証について(令和2年7月29日熊広医事第141号熊本県後期高齢者医療事務局長通知)


令和2年8月1日付けで後期高齢者医療被保険者証(以下「被保険者証」という。)の一斉更新を行いますが、令和2年7月豪雨の影響により一部地域の郵便局及び役所・役場機能が停滞し、8月1日までに「新しい被保険者証(水色)」をお渡しできない被保険者がいらっしゃいます。


そこで、対象地域の被保険者に対し、新しい被保険者証が届くまでの期間は、「有効期限が令和2年7月31日となっている被保険者証(オレンジ色)」を医療機関等の窓口に提示していただくよう、対象市町村に周知を依頼したところです。また、減額認定証・限度額認定証についても同様の取扱いをお願いしております。


つきましては、本取扱い及び下記の注意事項について御理解をいただくとともに、対象市町村の保険者番号が記載されたオレンジ色の被保険者証を提示された場合、負担割合や負担区分等については、お手数ですが広域連合事業課まで個別にお問い合わせいただきますようよろしくお願い致します。


【注意事項】

1、対象市町村
八代市(坂本地区):保険者番号 39432026
人吉市:保険者番号 39432034
芦北町:保険者番号 39434824
山江村:保険者番号 39435128
球磨村:保険者番号 39435136

それ以外の市町村においても、郵便事情などによりお渡しできていない可能性があります。


2、令和2年8月中に 75 歳に年齢到達される方(昭和 20 年8月生まれの方)は、誕生日から後期高齢者医療に加入されることになりますので、それまでにお使いの被保険者証(国保等)では資格が確認できません。その際は、広域連合までお問い合わせください。


3、対象地域の被保険者の中には、直接市町村窓口に出向かれて、既に新しい被保険者証(水色)を受け取られた方もいらっしゃいます。


4、対象市町村によっては、令和元年度と令和2年度の負担割合が異なる方について、個別に新しい被保険者証(水色)を直接配付された場合もあります。


5、負担割合・負担区分等のお問い合わせ対応時間は次のとおりです。
月~金曜日 8:30 ~ 18:00(祝日を除く)
土曜日 8:30 ~ 13:00


被保険者資格・負担割合・負担区分等のお問い合わせ先
熊本県後期高齢者医療広域連合 事業課 資格保険料班 096-368-6777

※新しい被保険者証の送付状況及びお問い合わせの状況により、取扱いを変更する場合があります。その際は改めてお知らせします。


上記の場合のレセプトの請求方法

有効期限が切れた被保険者証(オレンジ色)を窓口で提示された場合は、広域連合にお問い合わせいただき負担割合等を確認された上で、通常通りの方法で請求してください。


被災された方のレセプトの請求方法

詳しくはこちらをご覧ください。(外部リンク)
【厚労省事務連絡】令和2年7月3日からの大雨による災害に伴う被災者に係る被保険者証等の提示等について


< 戻る