トップページ >> 保険料の徴収猶予・減免について

保険料の徴収猶予・減免について

次のような用件に該当する方は保険料の徴収猶予・減免の対象になる場合があります。

要件 基準
災害による著しい損害 震災、風水害、火災等により住宅等の財産について著しい損害を受けた場合
世帯主の死亡・障害による収入減少 被保険者の属する世帯の世帯主の収入が、死亡、障害、長期入院により著しく減少した場合
世帯主の事業の休廃止・失業等による収入減少 被保険者の属する世帯の世帯主の収入が、事業等の休廃止、失業等により著しく減少した場合
干ばつ・例外・凍霜害等による農作物の不作・不漁による収入減少 被保険者の属する世帯の世帯主の収入が、干ばつ、冷害等による農作物の不作、不漁により著しく減少した場合
給付制限 刑事施設等に監禁された場合
生活保護 生活困窮により公の扶助を受けた場合
その他特別な事情 その他広域連合長が認める場合

※詳しくは市(区)町村の担当窓口にご相談ください。
 相談内容に応じて、申請書等をお渡しします。

このページのトップへ戻る